• ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

身近な犯罪?軽犯罪とはなんなのか

護身用グッズは犯罪にならないのかというのは、購入を検討した方なら一度は調べたりしたことがあると思います。 護身用グッズ自体は合法であることが大木のですが、それでも場合によっては罪になりえます。 護身する際に気を付けなくてはならないこととは何なのでしょうか? Read More

護身の為のはずが犯罪に?気を付けたい行動

軽犯罪という名前だけなら、どこかで誰しもが耳にしたことがあるのではないでしょうか。

軽犯罪とは、いたずらや他人に迷惑をかける行為のことを言い、これらを取り締まる法律が軽犯罪法と呼ばれるものです。
昔はあまり意識しなくても良いようなものでしたが、近年は今まで黙認されてきたことが見直され、軽犯罪として罰せられることが増えてきました。
また軽犯罪法以外にも、著作権法、動物愛護法、窃盗など、そのほかの法に抵触していると判断されて罰金などが科せられるケースもあります。

例えば、昔はよく見かけた半裸のおじさんが家の前を歩いたり運動したりしている光景も、現代では人に不快感を与えたとしてわいせつ罪として訴えられるかもしれないのです。
また、最近話題になっているものとしてはセクハラ行為等も強制わいせつ罪となり、ひどい場合は刑事事件として逮捕となり、懲役が科せられます。
言葉だけでのセクハラといえど、最高裁で有罪だとされるケースも存在するぐらいですから、わいせつ行為の判断基準は厳しくなっています。

勿論、これらオーソドックスなもの以外にも、ほとんどの人が知らず知らずのうちに法を犯してしまっていると思われる軽犯罪は数多く存在します。
こんなことが?と思うことでも、法律ではきちんと規制されていることがありますし、法の解釈次第では違反となるものも多々存在します。

知らない間に自分が犯罪者にならない為にも、簡単な予備知識として知っておく事も大切なことです。
自分や周りの人が法を犯していないか、今までの言動を思い出しながら読んでみては如何でしょうか。

歩いていて見かけるかも?意外な犯罪

住宅街を歩いているときに、ふと足元をみると捨て犬が段ボールに入っていた。 駅やデパートの中で、携帯を充電している人を見かけた。 道端にペットの糞が放置されていた。 実はこれら全て、犯罪なんです。 よく見かける光景ですが、一体何が問題なのでしょうか? Read More

出掛けた先で犯罪者に?

日常から解き放たれ、非日常を味わい羽を伸ばすことはとても素敵なことです。 しかし、やはりここでも気を付けなくてはならないことがいくつもあります。 誰しもが一度は体験したことがあるかもしれないことを、いったい何が駄目なのかというのをしっかり解説していきます。 Read More